SocksOwl Twitter

Instagram

© 2017 SocksOwl

原画展 Tag

SocksOwl / Posts tagged "原画展"

《東京イベント》トリハ展「トリとの歴史」2018.6.1 (fri) – 6.3(sun) へ参加します。

東京で定期的に開催されている、大人気トリイベント「トリハ」4th theme トリとの歴史 2018.6.1 (fri) - 6.3(sun)へ参加させていただくことが決まりました。 SocksOwlからは、原画の展示販売、イラストカード、植物作品を出展させて頂く予定です。 トリハ展に合わせて新作も出展予定なので、お時間あれば是非見に来て下さい(^ν^)     第4回トリハ展 テーマ「トリとの歴史」 詳細 日本人が鳥をどのように捉え、語り、描いてきたのか。 「愛鳥との個人史」にも着目し 歴史的・文化的な視点で鳥をみつめる企画展です。 鳥との歴史に関わる絵画や立体作品、鳥をテーマにした民芸品、グッズが並びます。 ヒナ鳥の成長の早さを見習い、ここから大きく羽ばたきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。   イベント公式サイトはこちら   ・日時 2018年 6月1日(金)~6月3日(sun) 11:00~18:00(※最終日のみ~16:00迄となります)   ・場所 634展示室 Roku San Yon Tenjishitsu 東京都国分寺市本町 2-4-10  東京都武蔵野美術学院 B1F JR中央線「国分寺駅」北口から徒歩5分   Feature : 江戸の鳥絵画・弥富市歴史民俗資料館   ・参加クリエイター(50音順) URBAN SAFARI・荒木 愛・amycco.・オクムラミチヨ・KiriToriSen coshell2・ショカ庫・sucre usagi・すぎはらけいたろう・suzumeya SocksOwl・トリノコ・torinotorio・TONPESO・nolla studio. BIRDSTORY・ひよこや・BECK BOOK ・前田ビバリー・Melbourne mochi mochi・ものゆう・山内史生・やま ゆりの ・参加ショップ 御菓子司さかもと・加藤けんぴ店・古書まどそら堂・ことりカフェ・ことり珈琲店 Vanitoy Bagel・ラ・ブランジュリ キィニョン・LEONE DOUGHNUTS   ・講演会&ワークショップ(50音順) 細川博昭先生 mochi mochi ・講演会&ワークショップ会場: 634展示室 3F (第11アトリエ)     ・同時開催 ピッコリアニマーリ「かわいいお土産展」 同期間に、トリハ展会場近くにありますバードショップピッコリアニマーリにてイベントが開催されます。 ぜひ両会場を行き来して国分寺の街をお楽しみください。 小鳥作家さんの作品販売、 愛鳥さんへのかわいいお土産わんさかあれこれ、 小さな店内に、たくさんご用意いたします! 「同時開催 ピッコリアニマーリの歩み」(壁面パネル) 1960年代始めに先代が始めた動物のお仕事。はじまりは、”りんご箱とセキセイインコ”から。 50年以上の月日がたち、現在のピッコリアニマーリの形になるまでの、わたしたちの歴史を、振り返ります。 *詳細はピッコリアニマーリ公式サイトでご確認ください。 開催日: 6.1.fri – 6.3.sun 開催時間: 10:00 – 19:00 開催場所: ピッコリアニマーリ 東京都国分寺市南町2-7-17 モーガンハウス 最寄駅:中央線・西武国分寺線・西武多摩湖線 国分寺駅より徒歩6分    ...

SocksOwlゆず原画展『yuzu_ten』9.21(木)-10.10(火)

SocksOwl & ニジノ絵本屋 企画展 SocksOwlのゆずが初めて開催する原画展。 原画だけでなく、植物を使用した造形作品も展示します。 イラストレーター「ざびえるひとみ」とのデザインユニット コンセプトは「開けたら楽しい」SocksOwlフェア同時開催。   SocksOwl ゆず 原画展『yuzu_ten』 ・期間 2017.9.21(木)-10.10(火) 11:00~20:00(水曜定休) ・作家在廊日 9月23(土)30(土)10月7(土) 14時~16時 ・場所 ニジノ絵本屋 152-0032 東京都目黒区平町1丁目23-20 03-6421-3105     yuzu_ten特別企画 ◯ものがたり標本○ ニジノ絵本屋さんで展示をするにあたって、 普段とは違う、絵本屋さんに合ったコンセプトで制作した植物標本を限定で展示します。   しょくん。 われわれは、夜のトイレから、猫の股の下まで、世界中のありとあらゆる場所を巡り、そして帰ってきた。 君たちの見たことも聞いたこともないような場所も沢山あるいた。 その中からわれわれは、特に珍しかった場所の生き物をスケッチして、その一部を持ち帰ってきたのだ。 どれも世界に一つしか無い貴重な品だ。 これらを私は《ものがたり標本》と名付けた、大切に見てくれたまえ。  ...